衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1035(平成21年10月28日)

<<   作成日時 : 2009/10/28 07:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0


==================
  逢坂誠二の徒然日記  
    その1035 平成21年10月28日号
==================




都内の空は、
雲が浮かんでいますが、
青空も見える明るい朝を迎えました。

気がつけば、
10月も終わりに近づいています。

時の流れは早いですね。


1)ザラボヤ対策
噴火湾沿岸などで異常発生し、
ホタテ養殖に壊滅的被害を与えている
ザラボヤに対し、
農林水産省が対策を講ずることを決めました。

多くの漁師さんから、
ホタテ養殖の危機だと、
強い要望のあった案件であり、
私も安堵しています。

しかし、今回の対策だけでは、
必ずしも十分ではありません。

今後も継続して、対応しなければなりません。


2)戸別所得補償
一次産業に対する、
戸別所得補償政策について、
多くの皆さんから期待の声が寄せられています。

その一方で、
不安の声が多いのも事実です。

特に農家の皆さんから、
来年から試行的に実施することに対して、
急ぐ必要はないとの意見が多数寄せられます。

農家の皆さんは、
そろそろ来年の営農計画策定の準備に入ります。

この時期に来年の、
収入構造が明確になっていなければ、
適格な営農計画を作ることはできません。

こんな背景があり、
農家の皆さんからは、
「来年、しっかり制度設計して、
 再来年からの試行で十分」
こんな要請が多々あります。

=====

良い政策であっても、
現場の現実と乖離しては、
意味がありません。

農林水産関係者には、
こうした現場の声を
しっかりと伝えなければなりません。


3)地域主権政策
地域主権政策を
どう進めるか、
その雰囲気が徐々に固まりつつあります。

しかし、その実現には、
さらに多くの皆さんとの
意見交換が必要だと感じています。



今日は、
衆院本会議で、
3時間にわたり
各党からの代表質問が行われます。

いよいよ本格論戦の開始です。


さあ今日もしっかりと前進します。

=============
 2009・10・28 Seiji Ohsaka
=============

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1035(平成21年10月28日) 衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる