衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1021(平成21年10月6日)

<<   作成日時 : 2009/10/06 06:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0


==================
  逢坂誠二の徒然日記  
    その1021 平成21年10月6日号
==================





都内は雨の朝を迎えました。

散歩に出られるかどうか…。

昨夜は、結局、深夜まで
色々な対応に追われていましたが、
目覚めはいつもどおりです。

うーん、睡眠不足になるなぁ。


1)提言実践首長会
昨日午後、都内で提言実践首長会が
開催されています。

全国から自治体首長が集まって
本音で様々な議論が行われています。

====

提言実践首長会の設立は
10年近く前になるでしょうか。

設立時の代表は、
今の全国市長会の会長である森 長岡市長、
今回、衆院議員になった前 犬山市長の石田さん、
そして私、この三人だったかと思います。

設立時から、
自治体を取り巻く様々な問題を
真正面から議論し、
具体的施策として提言を続けてきました。

私と石田さんは、立場が変わりましたが、
今後は、自治と国政の橋渡しを
強化する役割を果たしたいと思っています。

昨日は、30分程度の参加でしたが、
民主党の地域主権政策について、
説明を行い、質疑を受けています。

====

真実は、自治の現場にあります。


2)予算
補正予算の見直し作業が進んでいます。

しかし、一度、執行に向けて動き出した予算を止めるのは、
仮にそれが無駄なものであったとしても、
簡単なことではありません。

無駄に見える予算でも、
実際に執行され動き出すと、
その効果が及ぶ現場では、
予算執行に対する期待が出るのは当然です。

執行中の補正予算の見直しには、
一定程度の限界があることを
知らなければなりません。

====

また当面は国債発行…、
特に赤字国債発行は続くものと思います。

今の税収減、そして景気対策を考えると、
赤字国債の発行は避けられません。

国債発行なしに、
今年の予算執行、
そして来年の予算編成が可能との見方は、
あまりにも楽観的です。



3)国家戦略室・行政刷新会議
国家戦略室と行政刷新会議の陣容が
徐々に見えてきました。

今後、具体的に動き出すものと思います。

また行政刷新会議では、
国と地方の協議の場についても
議論対象になる可能性もあり、
地域主権担当の
原口大臣との調整も必要になります。



さあ今日もしっかりと前進します。

=============
 2009・10・6 Seiji Ohsaka
=============

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1021(平成21年10月6日) 衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる