衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1029(平成21年10月20日)

<<   作成日時 : 2009/10/20 07:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0


==================
  逢坂誠二の徒然日記  
    その1029 平成21年10月20日号
==================




都内は、明るい朝を迎えました。

昨夜は、いつもより早く帰宅し、
睡眠時間の確保をしたいと思っていたのですが、
電話で複数の関係者と打ち合わせをしているうちに、
時計の針は零時を回ってしまいました。

結局、いつもと同じような時刻に就寝し、
寝不足は解消されないままです。

====

そんな一方で、いつもよりちょっとは遅めでしたが、
今朝も早起きをして、
一時間の散歩をしています。

朝の日差しは、
暑くも寒くもなく、
気分爽快です。

====

7月から8月までの選挙中に、
体重が3キロ増加しました。

選挙終了後、
体重をもとに戻そうとしていますが、
生活パターンが変わり、
なかなか以前の体重には戻りません。

特に散歩と筋トレの時間が
確保できないのが悩みのタネです。

====

メリハリのある生活パターンを
確立しなければなりません。


1)昨日の動き
昨日も密度の濃い一日となりました。

数多くの内部打ち合わせ、
多数の来客、
そして外部との連絡調整、打ち合わせ等、
あっという間に一日が過ぎています。

こうした中で、
短期的視点と中期的視点、
両面から地域主権政策を推し進める準備が
徐々に整っています。

また暫定税率の廃止や
子ども手当財源確保に絡む、
自治体財政への影響を踏まえた議論や、
交付税の確保についても、
自分の頭の中での整理が進んでいます。

====

具体的行動と思索、
それらがぎっしりと詰まった一日でした。


2)概算要求
来年度予算、概算要求95兆円を
どの程度削減するかが、
大きく報じられています。

本年度予算は、
今年春の時点で、
歳入の過大見積もりが明らかでした。

しかし、以前の政権は、
それを直視せず、
税収46兆円、
国債44兆円の予算を強行しました。

そして今、
春の予想どおり
税収が39兆円台になることが
ほぼ明らかになっています。

この落ち込みを国債で賄おうとすれば、
国債発行額は50兆円になる可能性があります。

したがって来年度予算以前に、
本年度予算の段階で、
予算構造は極めて厳しいものになっています。

====

こんなことも背景にあり、
来年度概算要求を
どの程度削減するかが焦点になっています。

しかし、予算は単に削減するだけではダメなのです。

・ マクロ的に見た経済対策
・ 予算執行割合の高い自治体への配慮

・ 予算削減ではなく、
  予算効率の向上
  (同じ事業を少ない経費で実行できる)

こんな点に配慮しながら、
概算要求予算の精度度を上げ、
最終予算案を策定しなければなりません。

10年以上自治体予算の
査定作業に携わった目線から見ると、
国の予算効率は、
もっともっと上げることができそうです。



今日の月齢は1.9。
私の好きな細い月が夕空に浮かぶはずです。

どこかで、見られるでしょうか。


さあ今日もしっかりと前進します。

=============
 2009・10・20 Seiji Ohsaka
=============

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1029(平成21年10月20日) 衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる