衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1025(平成21年10月14日)

<<   作成日時 : 2009/10/14 07:40   >>

トラックバック 0 / コメント 1


==================
  逢坂誠二の徒然日記  
    その1025 平成21年10月14日号
==================




都内は薄雲の広がる
気持ちの良い朝を迎えています。

予想最高気温は
23度で過ごしやすそうです。

でも夕方には、雨とか…。

====

昨日も数多くの来客と
打ち合わせや会議がありました。

また今日も昨日以上に、
密度の濃い一日になりそうです。


1)ごく少数の反対
昨日、高橋北海道知事が来室されました。

高橋知事とは、知事初当選直後の4月に、
色々と懸念事項があり、
私から面談を求めて、
数分間話をしたことがあります。

その際は、残念ながら
あまり議論が深まりませんでした。

それ以降、あいさつ程度以外、
十分に話すことはありませんでしたが、
昨日は30分程度、意見交換をしました。

====

最初に知事から
新幹線整備の促進、出先機関改革、
夕張市の財政問題について、
話がありました。

新幹線整備は、
私も促進すべきとの立場であり、
異論はありません。

出先機関については、
知事から
「道として既に考え方を発表しており、
考え方の方向は(民主党と)同じ」
との話がありました。

私自身は、
既に発表されている道の考え方を
存じ上げなかったため、
早急にそれをチェックしなければなりません。

夕張問題は、
道としても
しっかりと役割を果たす
とのことでした。

====

その後、私から、

・ 沿岸漁協対策
・ 支庁制度
・ 地域主権

について話をしています。

また冒頭には、
知事とは政治的スタンスや考え方が違うが、
道民の生活を第一に考えて行動したいと伝え、
エチゼンクラゲ、ザラボヤ対策や、
スケトウダラ漁獲量問題に
しっかりと取り組むようお願いしております。

支庁制度は、
異論も多く、
取りやめも含め
慎重に進めるよう、
お願いしました。

ところが知事からは、
「反対はごく一部のみ。」
との発言があり、
ちょっと驚きました。

支庁制度は、
賛成反対の問題ではなく、
北海道の将来を左右する重要案件です。

反対が少ないから実施するとかの
問題ではないのです。

地域振興の条例と合わせて考えている
との話もありましたが、
私からは「議論の順番が違う」
との指摘もさせて頂きました。

しかし、
どうも知事は納得していないようです。

知事の考え方に沿えば、
日本の中央政府が、
北海道に対して厳しい対応をしても、
反論できない、
そんな印象も持ちました。

====

地域主権政策については、
今がチャンスなので、
北海道の考え方を、
どんどん発信すべきとの話をしました。

知事からは
「何かアイデアがあれば
教えて頂きたい」
旨の発言がありました。

私からは、
知事自身がどんな北海道づくりを、
地域づくりをするか、
それを積極的に発信することが重要と
指摘をさせて頂きました。

====

6年前の初懇談も、
あまり議論が深まりませんでしたが、
今回も、あまり理解が深まった印象はありません。

私としては、
道民の生活を第一に考えて
対応したいと考えています。


2)1兆円
昨日も、原口大臣と
地域主権や来年の交付税などについて、
打合せをしています。

交付税について、
大臣から次の指示がありました。

「出口ベースで、今年の予算よりも
1兆円増額して予算を編成する。」

三位一体改革で、
すっかり疲弊した自治体財政にとっては、
極めて明るい指示です。

頑張らねばなりません。




さあ今日もしっかりと前進します。

=============
 2009・10・14 Seiji Ohsaka
=============

月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
まもなく出勤します。
田舎はいいですね。出勤時間がわずかなので、ギリギリまで自宅にいてこんなことができます。もちろん情報収集も立派な仕事の一環です。
朝の時間は大切ですね。

高橋知事とのくだり、同僚のTさんとも昨日話をしましたが、緊迫したおふたりの会談の状況がビシバシ伝わってきました。
北海道が他県と圧倒的に違うこと…「広い」ということです。
そんなこと当然ですよね。
でも、小学、中学、高校の地図帳…九州も見開き2ページ、北海道も2ページです。
内地のみなさんはもちろんですが、北海道のみなさんも「広さ」がわかっていないのでは…?
それがいろいろなすれ違い、誤解を生んでいると思います。
かわい
2009/10/16 12:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
衆議院議員『逢坂誠二の徒然日記』 その1025(平成21年10月14日) 衆議院議員 逢坂誠二の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる